teitei's blog

雑に書くので雑に読んでください。

スマートウォッチ、"Skagen Hagen Connected" レビュー

私事ですが、誕生日を迎えました。

amzn.asia

で、その際に嫁にSkagenの時計でHybrid Smart Watchである
Skagen Hagen Connectedを買ってもらったのでレビューでもしてみようかと思う。

形はこんな感じ。

少し早いですが、嫁から誕生日プレゼントとして時計を頂きました。感謝。 #スカーゲン #skagen

公式動画はこれ。


Skagen Brand Hagen Hybrid Smartwatch

ちなみにiPhoneユーザなので、iPhone前提です。
Androidも対応しているらしいですが、確認はしていない。

アプリ画面が英語になっているのはiPhoneの言語設定を英語にしているからです。
日本語には対応しているっぽいが、確認は(ry。

購入した経緯

なぜこの時計にしたかというと、一言で言うと外見である。

元々Skagenの時計は欲しいと思っていたのと、
Apple Watchを購入するタイミングを逃したからである。

AppleWatch・Android Wearを購入した人たちが1ヶ月ほどで
手首から消えてゆくのを見てきたので、時計としての魅力は薄いかなと思っていた。
それにiPhoneのヘビーユーザーである自分には
Notificationを受け取るための装置としてのSmart Watchは不要かなと思っていた。

が、この時計はSkagenの時計のデザインの良さがあるし、
Smart Watchで何が出来るかをエンジニアとして体験しておいたほうが良いなと判断した次第です。

何が出来るのか

スマートフォンとはBluetoothで同期をしてアプリで管理が出来る。

AppleWatchよろしくスマートフォンのNotification(通知)を受け取るのと、
Activity(徒歩数・睡眠時間)のトラッキングが出来るのが最大の特徴。

後はバイブレーションによるアラーム・異なるタイムゾーンの確認が出来る。

独自の機能としてはSkagen Linkというボタンに機能を1つだけ割り当てることが出来る。
機能としては下記

  • Ring Phone
    • スマートフォンから音をだすことが出来る。どこに置いたか忘れた時に鳴らしたりするのが一般的だろうか
  • Control Music
    • iTunesの再生・次の曲へ、前の曲へをそれぞれ1タップ、2タップ、ロングタップで操作が可能
  • Take Photo
    • ボタンを押すことでカメラのシャッターを切る。
  • Start Goal
    • 徒歩でどれぐらい歩いたかのゴールを設定出来る。使ったことが無いので詳細は不明。

これ等は全てアプリから確認&設定が出来る。

通知

勘違いしていたのだが全てのアプリからの通知を受け取ることは出来ない。
なのでソーシャルゲームからの通知など、日本独自のアプリの通知は受け取れないと思ったほうが良い。

とはいえSNSやチャットツール、メールの通知などは有名所は全て対応しているので問題はなさそう。
SlackやHipchatにも対応しているのはエンジニア的にありがたい。
かなり重要な要素だったが、LINEの通知にも対応しているのは本当に良かった・・・。
もちろん電話等の通知にも対応している。

通知を受け取ったらバイブレーションで教えてくれる。
後はSecond Displayという小さな針と文字盤がついているのだが、
そこに色が着いており、アプリによって通知を受け取った際にどこの色に対応割り当てるのかを判断出来る。
自分はSNS・メール、チャットツールを色によって分けている。

アクティビティ

スマートウォッチのメイン機能なのか、徒歩数や睡眠時間をトラッキング出来る。
最初は興味は無かったが、自分がどれだけ歩いているのか。どれぐらい眠っているのか データとして見るのは中々楽しい。

Apple純正のHealthアプリと連携することも出来るので閲覧性も悪くはない。
が、睡眠時間はHealthアプリに連携が出来ない。ここはアップデート待ち。

1週間ほど運用してみてわかったことは、
とにかく自分は寝る事を覚えたほうが良いという事だった・・・。

あとは、これは仕方ないと思うのだが、
キーボードをタイピングしているだけで徒歩数にカウントされてしまう。
なので徒歩数は割りと怪しいので、このデータを全て鵜呑みには出来なさそう。

使ったことはないのだが、
スマートウォッチでよくある徒歩数によってゴールを割り当てることが出来るらしい。 ウォーキングやランニングをする時にはかなり良さそう。

アラーム

バイブレーションによるアラームを受け取ることが出来る。
購入した当初は複数のアラームを設定することは出来るが、
バイブレーションに設定出来るアラームは1つだけで使いづらいかったが、
アプリのアップデートによって複数のアラームでも受け取れるようになった。

バッテリー

他のスマートウォッチは充電式が多いが、これはボタン電池交換式らしい。
コイン電池式で、交換に関しても特殊な機器などは要らず、コインで蓋を開けて交換出来るとのこと。

バッテリーの残量はアプリから確認が出来るので、ある日突然動かなくなったとかはなさそう。

公式では半年ほど持つと言う話だが、1週間ほどで電池メータが1つ減ったので、
おそらく3ヶ月ほどしか持たないのかもなぁと思っている。

とは言え、バッテリーをそこまで気にする必要が無いこと事は良いことだと思う。

不満点

  1. バイブレーションが弱い
    日中は分かるのだが、起床時のアラームは気づけ無いことが多い・・・。 バイブレーションの強さは最大にしていても割と弱いので辛い。

  2. 通知可能なアプリが少ない
    まあ日本の会社ではないので仕方ない。

  3. 通知可能アプリ数が6つ
    これはバッテリーとのトレードオフなのかもしれないが、せめて10ぐらいは受け取りたい。

  4. 重さ
    まあこれはハードウェア的な制約があるので仕方ない。あとはまあ慣れだろう。

所感

不満点は多々あるが他のスマートウォッチの電池の持ちとデザインのアレさを考えるとかなり良いと思う。

ascii.jp

www.gekokujo-labo.com

記念品としても良かったと思うし、時計自体は気に入っているので今後も使っていく。